Home連合会について労務・安全衛生活動 > 働く仲間の安全と健康を守る取組み

連合会について

労務・安全衛生活動

働く仲間の安全と健康を守る取り組み

紙パルプ産業に働くすべての仲間の安全と健康を守り、よりよい職場環境を実現するために、当連合会では会員各社のベストプラクティスや災害事例等の情報共有、各種教育活動など、業界、業種を横断した様々な取り組みを行っています。
2018年2月には「労働災害防止に向けた行動計画」を策定し、当業界のさらなる安全衛生水準の向上に努めています。

労働災害防止に向けた行動計画について

「自社の事業場に受け入れる以上、どのような人であっても無事に入構の目的を遂げ退場してもらうことが、事業場長さらには経営トップの責任である」との考え方のもと、究極的な目標である「死亡災害の撲滅」を目指し、2018年2月に行動計画を策定しました。「製造業安全対策官民協議会」の活動とも連携した内容となっています。

労働災害防止に向けた行動計画(日本文)

労働災害防止に向けた行動計画(英文)

会員会社災害件数推移

全国紙パルプ安全衛生大会

1961年より毎年継続して実施しており、2018年で第58回を数えます。参加者は会員会社、協力会合わせて350名程度。2泊3日の日程で、安全衛生表彰、講演会、分科会、工場見学会で構成されています。
第2日目を終日参加者による分科会討議(10名未満の小グループに分けて実施)に当てており、2泊3日の日程設定とともに、この参加者による分科会討議は当大会の特徴となっています。

安全衛生大会の冊子はこちら

安全衛生表彰

安全衛生成績が優秀であり、他の模範となる事業場並びに協力会を表彰することで、紙パルプ産業の安全衛生水準の向上と災害の絶滅に寄与することが目的です。
当連合会による表彰のほかに、中央労働災害防止協会による「緑十字賞」、厚生労働大臣による「安全優良職長顕彰」への推薦も行っています。

表彰の審査基準について

2018年 日本製紙連合会 安全衛生表彰

事業場表彰
安全優秀賞第Ⅱ種王子マテリア株式会社 釧路工場
 日本製紙株式会社 釧路工場
 日本製紙株式会社 岩沼工場
  日本製紙パピリア株式会社 吹田工場
 株式会社エコペーパーJP
安全優秀賞第Ⅰ種 王子製紙株式会社 富岡工場
 中越パルプ工業株式会社 川内工場
 日本製紙株式会社 富士工場
安全優良賞王子製紙株式会社 苫小牧工場
 中越パルプ工業株式会社 高岡工場
 中越パルプ工業株式会社 二塚製造部
 日本製紙株式会社 大竹工場
 日本製紙パピリア株式会社 原田工場
 北越コーポレーション株式会社
特殊紙事業本部長岡工場
 三菱製紙株式会社 高砂工場
 レンゴー株式会社 利根川事業所製紙工場
 兵庫パルプ工業株式会社
協力会表彰
安全優秀賞第Ⅱ種王子イメージングメディア株式会社
神崎工場安全衛生協力会
安全優秀賞第Ⅰ種王子マテリア株式会社
松本工場安全協力会
 王子マテリア株式会社
大阪工場安全協力会
  日本製紙株式会社
石巻工場安全衛生協力会
  三善製紙株式会社
安全衛生協力会
安全優良賞王子製紙株式会社
日南工場協力会社労働災害防止協議会
 王子エフテックス株式会社
東海工場安全協力会
 日本製紙株式会社
北海道工場安全衛生協力会
 日本製紙株式会社
勿来工場安全衛生協力会
 日本製紙株式会社
岩国工場安全衛生協力会
個人表彰
安全功労賞富士王子紙業株式会社
所長 染谷 友久

製造業安全対策官民協議会への対応

厚生労働省、経済産業省、中央労働災害防止協会は、製造業の安全対策のさらなる強化と情報発信を目的に、製造業の主要な業界の経営層とともに、2017年3月6日に製造業安全対策官民協議会を設立しました。官民連携の協議会により、業種横断的に検討や普及活動を行うのは初めてです。
当連合会は協議会の初代会長代理団体として、協議会の諸活動に積極的に参画しています。

製造業安全対策官民協議会の「これまでの動き」(外部リンク)

教育活動

会員各社の安全衛生担当管理職・スタッフ向けに、随時、研修会・異業種工場見学会、教材提供等を行っています。

講演資料はこちら

安全活動教材・手引き等はこちら

安全衛生分科会 異業種工場見学実施一覧

あんぜんプロジェクトについて(厚生労働省)

あんぜんプロジェクトは、労働災害のない日本を目指して、働く方の安全に一生懸命に取り組み、「働く人」、「企業」、「家族」が元気になる職場を創るプロジェクトです。

あんぜんプロジェクトリーフレット(外部リンク)

『見える』安全活動コンクール(外部リンク)