Home連合会についてサステナビリティ取り組み事例 > ステークホルダーとの対話

サステナビリティ|取り組み事例

紙パルプ業界のマテリアリティごとに、会員各社の取り組み事例を紹介します。

ステークホルダーとの対話

Road to Hope (ロード・トゥ・ホープ)活動への支援協力(北越コーポレーション)

北越グループのグループ会社(アルパック)では、地域社会との共生の取り組みの一環として「Road to Hope コミュニティ支援財団」への支援を行ってます。同財団は、がん患者さんが地域外の治療に通うのを支援する非営利団体です。アルパック従業員および退職者も賛同し、がん患者さんの搬送協力をはじめ「Road to Hope」の活動に協力しております。

Road to Hope コミュニティ支援財団